FC2ブログ

FOOTBOZE FUTSAL U-18

FOOTBOZE FUTSAL U-18 のオフィシャルブログ

仲間を助けるプレー

■「認知・判断・実行の3つをバランスよくトレーニングすることが大切」

フットボールをプレーするときに大切なことが3つあります。
それは認知すること、判断すること、実行することです。
認知は味方や敵の状況、スペースはどこにあるかなどを見ること。
判断は、状況に応じてどのプレーがベストかを選びとること。
そして実行は、ドリブルやパス、シュートなど、認知、判断をもとに行動に移すことです。

シャビはこの3つを高いレベルで備えている選手です。
小さい頃から、トレーニングを積み重ねて身につけていきました。
もし、みんながシャビやイニエスタのような選手になりたいのであれば、認知・判断・実行の3つをバランスよくトレーニングすることが大切です。
そうすることで、シャビのように『仲間を助けるプレー』ができるようになります。

私は『仲間を助けるプレー』こそが、サッカーをするうえで大切なものだと考えています。
なぜなら、フットボールーはチームスポーツだからです。
チームメイトがボールを持っているとき、周りの選手は、ボールを持っている選手を助ける動きをする必要があります。
助ける動きとは、ボールを受けられる位置に行くことです。
それが『サポートをする』ということです。

味方がボールを持っているとき、敵の後ろにいることは、サポートができている状態とはいえません。
この場合の仲間を助ける動きとは、相手に取られない位置に走りこみ、パスコースを作ることです。
それを試合中、常に考え、実行できるのがいい選手です。
いつも「ボールはどこにある?」「自分はボールを持っている選手を助けてあげられているかな」と、考えながらプレーすることを意識しましょう。

ジョアン・ビラ
(FCバルセロナの下部組織にてプジョル・シャビなどを育てた指導者)
スポンサーサイト



テーマ:フットサル - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/05/11(金) 23:58:13|
  2. 未分類

プロフィール

footboze18

Author:footboze18
東京都三鷹市で活動しているフットサルクラブFOOTBOZE FUTSALのU-18チーム。
高校生のフットサルチーム。
第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会全国準優勝。
フットサル日本代表の清水和也らを輩出。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる