FC2ブログ

FOOTBOZE FUTSAL U-18

FOOTBOZE FUTSAL U-18 のオフィシャルブログ

LYのブラジル遠征日記

今週末の「東京都ユースフットサル10周年シンポジウム」のために
いろんな資料をあさっていたら、2年前のブラジル遠征の資料の中に
LYくんのレポートを見つけ、改めて感動!

そのままUPします↓


今回のブラジル遠征に参加して本当に良かった。
そう思うのはもちろんドリブルだったり、シュートだったり、体力だったり、
ディフェンスだったり、身体的に成長したこともそうだけど、やっぱり
今回の遠征で一番成長したのは「メンタル」だと思う。
フットサルはサッカーよりもメンタルが占める割合は大きいんだと身にしみて
感じた。それは一対一の局面でもそうだし、5対5(チームとチーム)の闘い
でももちろん重要になってくる。
そしてメンタルが強ければ、身体的な部分も強くなるんだと思った。
(ブラジルでのコマを見てより思った)
そういうことに気付けただけでも今回の遠征にはとても価値があったと思う。
気持ちの部分で絶対に負けないということを常に頭において皆で練習に励めば
何年後かに関東進出だって夢じゃないと思う。
そしてそれが可能なくらいフットボウズのメンバーは気持ちが強いということ
にも今回の遠征で改めて感じた。
そう感じたからこそオープンリーグ、U-18リーグ、夏冬の東京都大会と
絶対に優勝したい。

メンタル(気持ち)とあともう一つ今回の遠征でのテーマだと思ったのはもち
ろん『感謝』。
ブラジルに着いていきなり目の当たりにした貧困(みつ君の携帯事件、風景)。
ブラジル人は生活をかけてサッカーをしていること。
ブラジルの人は本当に心から今ある環境をや境遇に感謝しているんだと思った。
そして日本に帰っても心から僕たちが感謝できるのかと言ったら難しいかもしれ
ない。
しかし、ブラジルでの状況を見てきた僕たちにとって日本での恵まれすぎた環境
に感謝することはもはや義務なんだと思った。
恵まれているからこそ絶対にブラジルで見てきたことを忘れてはいけないし、
練習の時や食事の時、お風呂や勉強の時でさえそのことを頭に置いておかなけれ
ばならないんだと思った。
そしてそのことに16才で気付けたことにはとても大きな意味があると思う。
将来、何をして僕が飯を食べてるかは分からないけど、どんな仕事においても
(全てのことにおいて)『感謝』というのは本当に重要なことだと思う。
そして将来僕が感謝している大人になった時この遠征の本当の意味が見えるんだ
と思う。

LY


LYの気持ち入ったプレーが豊田コーチは大好き。
いつかまたいっしょにやりたいね!

  1. 2011/02/02(水) 17:14:53|
  2. 未分類
前のページ

プロフィール

footboze18

Author:footboze18
東京都三鷹市で活動しているフットサルクラブFOOTBOZE FUTSALのU-18チーム。
高校生のフットサルチーム。
第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会全国準優勝。
フットサル日本代表の清水和也らを輩出。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる